Posted at 2011-06-13 08:47:49 under ビジネス (by key)

37signalsの書籍を読んでみた。

小さなスタートアップの立ち上げ、やりたいことを続けるためにどうしたら良いか、どういう心意気で望むかがまとめられている。 自分は共感することが多かったです。個人レベルでサービスを立ち上げようとしている方は必見。

読みやすい本なので、1日あれば読めると思います。

ジェイソン フリード,デイヴィッド・ハイネマイヤー ハンソン
早川書房
発売日:2010-02-25

著者の37signalsは効率的にコラボレーションができる、TODOリストやプロジェクト管理のウェブベースアプリケーションを開発している。その開発の過程で得られた、業務進行や設計、アプローチの知見をまとめたのがこの本。

彼らは常に、シンプルで、持続可能で、いたずらに規模を追い求めない仕事の進め方をしている。

「売り先を考えるやつに未来はない」とか「むやみに人を増やさない」とか「自分が使うものを作れ」とか「外部から資金を集めると自分のしたいことが出来なくなる」といったことが紹介されている。

サービスを立ち上げるベンチャー企業の中の人、個人にぜひ読んでみて欲しい。

Tags: reviews
blog comments powered by Disqus