Posted at 2012-03-31 23:44:13 under ライフログ (by key)

3月末日でBeProudを退職しました。

2009年12月に前職の開発メンバや方針と合わなくなって退職し、 トンガッてて面白そうな会社ということでBeProudに転職してから2年と4ヶ月の短い期間でしたが、 いつでも前向きでアジャイル開発を地で行く多くの仲間達と一緒に仕事をすることができました。

BeProudのメンバからは本当に多くのことを学ぶことが出来て、例えば…

  • 勉強会の運営、参加
  • テストを書く文化
  • 継続的インテグレーション
  • 分散バージョン管理システム(Mercurial)
  • Pythonもろもろ
  • JavaScriptもろもろ
  • Amazon AWSもろもろ
  • Google App Engineもろもろ

などなど、技術、業務フローの改善、意識改革といった様々な分野で自分を成長させることが出来ました。 これまで14年ほどウェブ業界で仕事をしてきましたが、受託開発をメインとしている会社でこれほど優れている会社はそう無いと断言できます。

自分が考えていた自分自身の強みのいくつかはBeProudのメンバによって木っ端微塵にされて、 「あー、自分って大したこと無いんだなあ」とか思ったりもしましたが、逆にこれまでにサービス運用をベースにした体制・仕組みの考え方、 インフラ構築、トラブルシューティングのノウハウは、社内wikiや勉強会で上手く伝えられたかなと思います。

そんな素晴らしい環境であるBeProudを離れて何故転職したかと問われれば 自分は自分の好きなことをしたい というヒトコトに尽きます。

周りの人はよくご存知と思いますが、ぼくはテクノロジや自転車やクルマやオートバイやカメラや音楽が大好きです。 転職は年をまたぐ頃から話をしていましたが、自分の好きなことに携われるチャンスと捉えて、いっちょ頑張ってみるか、と他の職場に移ったわけです。

テキストでまとめると簡単な話ですが、家族もいるし、家や自動車のローンもあるし、 ポッと会社を飛び出して、飛び出した先で不安無く暮らしていけるのか?と問われればそりゃあ不安は山ほどありますが、 何年か経ってから振り返ったとき、あの数年間は本当に好きな事をやって人生を過ごした、 と実感したいしお酒の席で友達に話したいなあと。

というわけで、次は純粋なスタートアップの立ち上げに参加して、世の中を少しでもよく出来るようなサービスを考えています。 5月にアルファ版をローンチ予定なのでお楽しみに。

BeProud在籍後半はややドタバタで、お客さんにもいくらか迷惑をかけて申し訳有りませんでした、 それでも快く送り出してくれた方々には感謝の気持ちでいっぱいです。

というわけで、またどこかで会いましょう!

Pythonプロフェッショナルプログラミング
ビープラウド
秀和システム
売り上げランキング: 798

Tags: beproud
blog comments powered by Disqus