Posted at 2013-02-11 12:31:19 under モータースポーツ (by key)

先週の金曜日に免許を書き換え、その帰りの足で フォルクスワーゲンさいたま新都心店 にアポ無しでお邪魔。憧れのプレミアムSUVであるところのトゥアレグの試乗車があるということでジロジロ眺めつつ乗らせてもらいました。

photo

トゥアレグはNAとハイブリッドがあるのですが、試乗車はフォルクスワーゲン現車種の最上級モデル、トゥアレグ・ハイブリッドでした。 パノラミックサンルーフのオプションがついてます。ちなみにお値段はなんと 900万円超! というわけで逆立ちしても購入できそうにないのですが、 笑顔を絶やさず接客してくれた営業の芝原さんどうもありがとう。

さて試乗の方ですが、大宮の幹線道路をぐるっと15分ほど乗らせてもらいました。

ドアを開けると高級車的なレザーと木目パネルのコンソールがお出迎えしてくれます。 全高は1700mmを超えており、それにともなってヒップポイントもけっこう高いです。ただ、トラックみたいなコマンド・ポジションではなくて、 乗用車が全体的に上に上がったような感じ。

ボンネットの先の方まで見えるため、見切りはわりと良いでしょうか。全長は4.8m、全幅も1.9mを超えてますから、小さくもないですが、 よほど狭い道に迷い込まなければそう困ることも無さそうでした。

プッシュ式のスターターを押してエンジンをかけると、うまく整えられた音量でエンジン音が聞こえます。 ハイブリッドなので始動直後はエンジン止まったままかな?と思っていたので裏切られました(笑)。

道に繰り出すと最初に気付いたのは猛烈に軽いステアリング。電動ポンプで駆動する油圧式パワステだそうですが、 さすがに軽すぎる。小指一本で回りそうだし、路面からのフィードバックも少なくイマイチな印象(車体の設定で変更できるかもしれませんが見つけられなかった)。

オルガン式のペダルを踏み込むとスーッと2.3tを超える車体がスーッと加速していって動力性能は必要十分。 ブレーキは回生ブレーキと通常の作動(なんて言えばいいんだろう?ブースター使われてる普通のブレーキ)が判別出来る、やや使いにくい設定。 エンジンの始動状態や速度、減速率によって必要な踏力がコロコロ変わるので、はっきり言ってかなり違和感があるものでした。 わかりやすく言うと、ちょっと踏んだだけで効いたり、効かなかったりすることがある、ということです。 国産ハイブリッドの雄、プリウスに乗ったときはこうした違和感は感じませんでしたから、熟成不足と言えるんじゃないでしょうか。

走行中は頻繁にコースティングモードに入ります。一定速で走行してるとタコメータの針がゼロ、減速してるとタコメータの針がゼロということが何度もありました。 再始動のバイブレーションやトルクの変化は一切感じられず、大変スムーズで良い感触でしたね。 コースティングや回生ブレーキを多用することで燃費は良くなるんでしょうか?と尋ねたところ、 営業さんによれば 「やはり高速道路よりは燃費が悪くて…11km/lくらいでしょうか」 とのことでした。巨大なSUVがリッター10キロ走るなんて立派でございます!

アダプティブクルーズコントロールも自然に動作して、前車が止まれば勝手に停車するし、ボタン一つで再発進してくれるし、これは便利そう。 国内では Eye Sighti-activesense などが流通し始めており、大きなアドバンテージとはなりませんが、やはり便利なものは便利なので、他車種にも拡大していただきたいものです。 現行ラインナップだとPASSAT, PASSAT All Trackが採用してたかな?

騒音は程よく制御されているのでナビゲータシートの同乗者とも話しやすいし、大きな騒音といえばロードノイズくらい。 走行中に頻繁にエンジンが止まっていましたが最初のうちはさっぱり気が付きませんでしたね。 インテリアはフォルクスワーゲン品質で、これに文句をいう人はそういないんじゃないかなあ。 革の触り心地は最高だし、縫製もきれいで安っぽい感触がしない(900万もするクルマで安っぽく感じたらそりゃマズイが)。

ステアリングの舵角は大きく取られているので数字よりも小回りが効くけど、ホイールベースが長いので最初は慣れを要しそう。 長いホイールベースのおかげでピッチングは穏やか、ロンクドライブが楽そうな印象です。

ラゲッジルームは大型犬を放り込める程度には広いですが、PASSATヴァリアントやGOLFヴァリアントなどのステーションワゴンに比べたら狭いし、 地上からの高さがけっこうあるので重量物を積むのはちょっと大変でしょう。

というわけで周辺をグルっと回ってディーラーへ戻り。


私的なまとめをすると、回生ブレーキの協調制御が未成熟だったのがネガな点。この点だけでガソリンを選んだほうがいいんじゃないかと思うくらい。 あともう一つ言うならばハンドルが軽すぎるところが好みじゃない。 その他の部分はさすがフォルクスワーゲンのトップモデルだけあって文句をつけるところなし。

いやー、貴重な機会でした。ディーラーさんどうもありがとう。

ガソリンモデルでいいのでいつか買えるように頑張るぞー。

blog comments powered by Disqus