Posted at 2013-02-19 00:32:28 under 自転車 (by key)

スピードセンサとかケイデンスセンサ、邪魔だなーって思う人いませんか?

ぼくは邪魔だなーって思うのでつけてません。パワー、心拍、ケイデンスは知りたいのですが、速度に対してはさほど興味がありません。 一時期はGarmin GSC-10という両対応のセンサを使っていたのですが、水没すると生きているフリをしつつ調子悪くなったり、 全く値が取得できなくなったりします。 3個くらい使ってやめました(この結果、外部センサを使わなくなったとも言う)。

クランク型のパワーメータが装着されているとケイデンスが取得できますし、Garmin EdgeのようなGPS搭載のサイコンを使っていれば、 GPSベースの速度も取れるので、あんまり困ることは無いんですね。

photo

ただ一点だけ気になることがあって、スピードセンサを装着していないとローラー中の距離が取れないのです。

拙作の MyBike では走行距離、時間によるメンテログを記録する機能を搭載する予定(以前あったんですが 事情により外し中)なんですが、これを機にローラーでもちゃんと距離管理をしたいなあと思いました。 しかしフレームにセンサはつけたくない…。

そこでふと思いついたのが、

  • センサはタイヤの回転数を計測している
  • タイヤ外周と回転数を乗算すると距離になる
  • タイヤはローラーと接触している
  • ローラーは回転運動をしている
  • ローラーの回転数を計算すれば速度が取れる!

と思いつきました。

早速、手持ちのボントレガーのスピードセンサをローラーにくくりつけ、 ローラーウェイトにマグネットを貼り付けて実験くん。

photo

タイラップで括りつけられているのがセンサ、ウェイトの下側に見える茶色のガムテープで貼り付けられたのがマグネットです。

ローラーの直径は54mmなので、3.14をかけて外周長はおおよそ170mm弱。 これをEdge 800にセットしてぐるぐる…。お、ちゃんとスピードが表示されるじゃないの。機能的には問題ないことがわかりました。 コレはいいかも知れん!


まじめにローラーするぞとアップを開始してしばらくすると、 スコーン!と軽い音を立ててマグネットがすっ飛んで行きました。そりゃあ貼り付けが甘かったら飛んでいくよね…。

機能的には問題ないものの、マグネットが目に飛んできたり、オシリに刺さったら嫌なので使用は中止しました。興味のある人は自己責任でどうぞ。

AD

Tags: ANT+, garmin
blog comments powered by Disqus