Posted at 2015-03-25 15:44:35 under 自転車 (by key)

ゼッケン規定に興味があったので調べてみた。 ゼッケンそのもののサイズや色はもちろんのこと、広告のサイズ、文字のサイズが定められている。なるほどー、って感じ。

自転車競技

競技内容、ゼッケンを付ける場所によって規定が異なる。 JCF 2014競技規則集 から抜粋。

色が規定されており、白地に黒。

種類は次の通り。

  • ボディ・ナンバー
  • フレーム・プレート
  • 肩番号
  • ハンドルバー番号(BMX)
  • ハンドルバー番号(MTB)

次の項目にサイズが定められている。

  • ゼッケンそのものの縦横
  • 広告の位置、サイズ
  • 文字のサイズ

図にするとこんな感じ。縞々部分は広告スペースです。ボディ・ナンバーって縦長なんですね。

  ボディ・ナンバー フレーム・プレート 肩番号 ハンドルバー番号(BMX) ハンドルバー番号(MTB)
ゼッケンの幅 x 高さ (cm) 16x18 13x9 12x11 25x20 18x18
文字の幅 x 高さ (cm) 1.5x10 0.8x6 0.8x7 1.5x10 1.5x8
広告 下部に高さ6cmまで 上部または下部に11cm x 2cm 下部に高さ2cmまで 下部に高さ6cmまで 上部及び下部に高さ4cm

図にするとこんな感じです。

Bib size regulation (JCF)

陸上競技

自転車競技と同様に 陸連の規定 があります。 身体につけるものと、腰につけるものの2つに別れます。

図に寸法も書き入れた方が良かったかな。 種類は次の通り。

  • ナンバーカード(ビブス)
  • 腰ナンバー標識
  ナンバーカード 腰ナンバー標識
ゼッケンの幅 x 高さ (cm) 22〜24x18〜20 18x12
文字の高さ (cm) 高さ6〜10 高さ6〜10
広告 幅24cm x 高さ6cmまで ?
大会名 高さ4cmまで ?

自転車競技と比べると少しサイズの柔軟性があります。大会名を入れる場所が規定されているのが大きな違いですね。

Bib size (日本陸連)

blog comments powered by Disqus