Posted at 2015-07-18 09:03:49 under テクノロジ (by key)

Apple Watchに興味があっても買う決め手がなくてモヤモヤ〜っとしていたんですが、 Pebbleを使いたいというApple Watch持ちの友人が居たので1週間限定で交換生活してました。

結論から言うと、Apple Watchは スマートウォッチとしての機能を持ったアクティビティトラッカーである という印象を受けました。 もちろんApple Watchに時計としての機能がありますが、それ以上に光学式の心拍センサ、加速度計を使った歩数計や運動状態の検出といった アクティビティトラッキングに注力されています。

Apple Watch

僕の日常生活

Pebble購入以前は腕時計をしていませんでした。 何となくPebbleを購入しておもちゃ代わりに使っていますが、通知以外の高度な機能はあまり使っていません。 たまに天気を見たりするくらいですね。

運動は週に2〜3回、ランニング、サイクリングがレクリエーションレベルで行っています。

というわけで、時々運動をする健康志向な人物で、普段はPebbleを愛用しています。 Apple Watchの印象もPebbleを基準にしています。

Pros & Cons

ファーストインプレッションと使ってみた感想をザクっとまとめました。

pros

  • 通知がスマート
    • Watchを身に着けていればiPhoneの代わりに知らせてくれる。
    • TapTicが丁寧に振動で知らせてくれるのが良い(Pebbleは携帯電話のバイブレーターみたいに、「ブーン」と乱暴に知らされる感じ。ちょっとうるさいし)。
  • アクティビティトラッカーが日常的に使える
    • JawboneやFitbitほどバッテリは持たないけど、Watchを身に着けている限り、1日中運動状態を記録し続けてくれる。
    • 個人的には間欠的にでも心拍数を取ってくれるのが嬉しい。これは体調管理に使えます。
  • 画面が綺麗
  • 水をかぶっていてもちゃんと動く
    • 国産の防水のスマートフォンは水に濡れるとタッチパネルが正しく動作しません。
    • 手首につけていたら、水をかぶったり汗に濡れたりしますよね?
    • Apple Watchは濡れていても正常にタッチ動作出来るのが良いです。

cons

  • 重い
    • 借りているのが42mm stainless modelっていうこともあって、少し重たく感じました。
    • 特にランニングに持って行くとやや重いです。
  • バッテリライフが短い
    • 朝のランニング、昼のオフィスワークと使って、帰って来て残バッテリ30%ほど。毎日充電する必要があります。
    • 自転車のロングライドは記録できません。おそらく4〜5時間くらいでバッテリが枯渇します。
  • 時計が見づらい
    • 手首を振らないと時計が見えない。
    • Pebbleから持ち替えて一番不便だったのはこれ!

Apple Watchの重量

  • Pebble 38g (バンド込み)
  • Apple Watch 91g (ケース50g + ミラネーゼループ41g) 今回借りたもの。
  • Apple Watch Sport Blue 69g (ケース25g + スポーツバンド44g) 参考記録。

重量が倍以上あればそりゃあ重いと感じそう。 Pebbleは実際かなり軽いです。

まとめ

Apple Watchは未来のデバイス。 これからどんどん新しいことが出来るようになって、ハードウェアテクノロジの進歩で今抱えているネガティブな要素が減っていくのだと思う。 現在 β版としてリリースされているwatchOS2 では心拍センサ、 モーションへのアクセスも可能になるし、ソフトウェア面での強化により新しい体験ができるようになるでしょう。

Pebbleは日常生活でストレス無く使えるスペックになっており完成している印象。 Pebble Timeには拡張ポートが追加されているので、追加ハードウェアを取り付けることで新しい体験ができそうではある(心拍センサも追加されるんじゃないかと思う)。

競技に参加していたころの体型には程遠く、健康を意識し始めてランニングを開始し、 睡眠や体重のトラッキングをHealthcare Appで俯瞰している自分にとって、 Apple Watchのアクティビティトラッキング機能はなかなか有用なものと感じました。 FitbitやJawboneなどいくつかのメーカが同様の製品を出していますが、単体で心拍を計測できるものは少ないし、 インタラクティブなディスプレイを持っているものも少ないです。 そういう中でApple Watchは「アクティビティトラッカー」と「スマートウォッチ(通知と簡単なアクションが出来るリストウォッチ型デバイス)」を 別々に購入する必要がなくて安価かも知れません。

使ってみたらかなり欲しくなってしまい、うっかりヨドバシに駆け込んでしまわないか心配です(笑)。

AD

blog comments powered by Disqus