Posted at 2010-06-20 09:56:32 under ビジネス (by key)

ティナ・シーリグの「20歳の時に知っておきたかったこと」を読了しました。 ブクログに書いたレビューを転載します。

スタンフォード大で教鞭をとるティナ・シーリグ氏が、20歳の自分へ伝えたかったことをまとめた書籍。イノベーション、起業についての記述が多く、自己啓発本の一種といえなくもない。

自己啓発本の類は好みではないが、この書籍は押し付けがましさがなくとても読みやすい。

ずいぶん丁寧な書き方をする人物だなと感じていたのだが、後半になってから著者が女性だと気付いた。まるで子供に向けている言葉のようで、女性らしい思いやりを感じる。

この書籍から、視野の広さ、その価値、考え方など、自身が置かれている状況への取り組みについて得るものがある。

Tags: reviews
Posted at 2010-06-11 12:40:03 under ビジネス (by key)

恵比寿にある ぼくの職場 にはいくつか面白い制度があります。

職場のチームはほぼ例外なくスマートフォンユーザ(iPhoneとAndroidだらけ)で、デジタルガジェット大好きな人がたくさんいます。業務内容もウェブサービスの開発が主なところとなっており、業務や勉強会を通じてウェブ界隈の先端技術に触れる機会が多いです。

こうした背景を持つ会社なので、個々人が積極的に勉強する姿勢を持ちやすいような制度がいくつかあるのですが、本日、一つ新しい制度ができたのでご紹介。

Continue reading
Tags: beproud
Posted at 2010-05-31 12:57:14 under ビジネス (by key)

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」を読了しました。

萌え絵的表紙に引きますが、内容はしっかりしていて面白かったです。字も大きいし、読みやすいので早い人なら1日あれば読めるでしょう。生粋の管理職ではなく、エンジニア兼管理職(プロジェクトのリーダとか、なんちゃらチーフとか)の方には役に立つと思います。

以下は ブクログのレビュー

高校野球の女子マネージャが、野球部をどのように「マネジメント」するか?を書いたフィクション。

萌え絵的表紙にやや引いてしまうが、きちんと読み物の体を取っているし、「マネジメント」においてピックアップするべき点はきちんとまとめられており読みやすい。ぼくは技術者なのでこうした分野に触れることは少ないのだけど、気付かされることが多くて役に立った。

他のレビュアーさんが書かれている内容や、引用点を読むと、この本のエッセンスが感じられるでしょう。

Tags: reviews
Posted at 2010-05-31 12:42:16 under ビジネス (by key)

「つまみ食い勉強法」を読了しました。 ブクログのレビュー を転記。

勉強会つながりで近しいところにいるらしい渋川さん(面識はない…)の著書。

IT業界で生き続けるためには勉強が必要で、どのようにしたら楽しく勉強できるか?にフォーカスした書籍。勉強の方法、勉強会主催のコツ、参加方法などなど「勉強にまつわるちょっと変わった話」が書かれている。

このような書籍はこれまで存在しなかったので、面白い試みだと思う。自分自身が勉強会の中の人なので新鮮味は無かったのだけど、IT業界でこれから勉強したい、どうやって勉強したらよいか解らない人にオススメ。

ちなみにアンケートに協力してくださった方々にぼくの名前も載っています。

Tags: reviews
Posted at 2010-05-26 15:05:42 under ビジネス (by key)

IT業界は機能に対して人月工数を見積もるを形が取られることが多いです。

例えば「認証処理機能は2日、CSVダウンロード機能は1日…」などといった具合に、個々の機能に対して作業時間をむすびつけ、1日当たり何万円といった額で計算を行い、すべての項目を合算した金額が見積額となります。

そして、開発に要するおおよその時間は、サーバハードウェアだったり通信機器だったりデザインだったりHTMLだったりといった外注品のリードタイムを考慮から除けば、基本的には工数合算の合算がそれとなる。

Continue reading