Go for it!

モーターサイクルと自転車とキャンプの日々。

液体燃料バーナーとOptimus Novaのレストア

液体燃料バーナーは、自動車用のレギュラーガソリン、キャンプ用のホワイトガソリン、灯油、ケロシンなどなど様々な燃料が使えて、空のボトルであれば飛行機で移動もできる(稀に断られるらしいですが)便利なギアです。

なぜか液体燃料バーナーに魅力を感じてしまい、あれこれと買い増しています。

f:id:key3:20200728223430p:plain

続きを読む

ブッシュクラフトインストラクター講習受講記、2回目

JBSブッシュクラフトインストラクター講習の2回目に、7月23日から一泊二日で参加してきました。今回は、前回の茨城県から場所を移して群馬県での開催。前回のエントリはこちら。

blog.mitsukuni.org

続きを読む

ロープキットの作り方

覚えたロープワークを忘れないように、短いロープをあちこちに配置しています。机の下にヘッドフォンハンガーであるとか、ボディバッグの隅っこだとか、時間のあるときにロープワークを確認できるようにしています。

f:id:key3:20200721230607p:plain
昇降デスクに取り付けられたヘッドフォンハンガー…に吊るされたパラコード

続きを読む

BikePacking用のサドルバッグ選び

自転車でキャンプに出かけるのであれば、宿泊用具やバーナー、燃料などを運ぶために相応の積載量が必要です。バックパックだと身体に負担がかかるので、サドルバッグ、ハンドルバーバッグ、フレームバッグなどを活用します。

先日紹介したU.P.はドロッパーシートポストを取り付けている ため、サドルバッグを選ぶ場合にはドロッパーポスト対応の製品にしなければなりません。

f:id:key3:20200716200639p:plain

続きを読む

ロープの長さ管理

ロープの長さはスクールで学んだ「ひとひろ」、「ふたひろ」の考え方を使っています。

両手を広げ、右手と左手で持てる長さが「ひとひろ」、1度折り返して2倍の長さにしたものが「ふた広」というアバウトな測り方で、ぼくの場合には「ひとひろ」でだいたい1.5mくらいになります(身長178cm)。

f:id:key3:20200705141901p:plain

続きを読む

ブッシュクラフトインストラクター講習受講記、1回目

スキルアップのために参加したブッシュクラフトインストラクター講習の1回目を終えました。

ブッシュクラフトインストラクター講習はJBS = Japan Bushcraft Schoolが認定するブッシュクラフト技能の講習です。1泊2日、全3回の講習ですが、キャンプブームの追い風もあってか毎回すぐに予約が埋まってしまいます。

2月に申し込んだもののCOVID-19の影響で開催が危ぶまれ、何度か延期しましたがようやく1回目が開催されたので参加してきました。

f:id:key3:20200629220034p:plain

続きを読む